CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
公演、終了しました!
「レストラン・ハイビレッジ」
2008年8月
 22日(金) 19:30 〜
 23日(土) 14:00 〜
 23日(土) 19:00 〜
 24日(日) 14:00 〜
阿佐ヶ谷 シアターシャイン

公演特設サイトはこちら
無事、全公演を終了しました。
ご来場ありがとうございました!

広告
検索

NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS
 
演劇経験が全く無い人だけが舞台に立ち、2008年8月に公演を行いました!
→ [公式サイト] / [Podcast] /  [掲示板]
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
これがここでの「演出」です。
お久しぶりのななしです。
今回は、ちょっと公演当日の進行や、アンケートの結果からは少しさかのぼって、公演当日以前のお話です。


今回の企画では、「演出」という役割を持って公演に臨みました。
そもそも「演出って何なんだ」ということからして、企画を始めてから初めて向き合ったことではったんですが、ぼくなりの解釈として大まかに言うと、「脚本を舞台化する人」です。
元の脚本に書いてなくて舞台上のお芝居に必要なものというと、例えば…
台詞の間、言い方、等を含めた、登場人物の動きのほとんど。
大道具、小道具のイメージのほとんど。
BGMや音響のほとんど。
照明のほとんど。
…挙げていくときりがありません。

とはいえ、「素人だけで演劇をやろう!」企画のコンセプトのひとつとして「誰でも何に対しても意見が言えるようにしよう」というのがあるので、こと演出に関しては、色んな意見を出してもらいました。
もちろん、この企画ではなくても、例えば台詞の言い方というのはまずは役者さんが言ってみるものでしょうし、それ以外の部分も「こんなのどうでしょう?」といった風に、演出家以外の提案からスタートするものも少なくないと思います。
でも今回は、出演者が本人が考えてきた動きに対して、他の出演者や他のスタッフが「もっとこうしよう」とか「いっそのことこうしちゃおう」みたいなことをたくさん盛り込みました。
「こうすれば面白い」「こっちの方が面白い」みたいな意見がぽんぽん出されていく場面って、本当、楽しいものです。
そういった意味では、ぼくも他の人も同じように意見を言っていくわけで、ぼくが最も「演出」らしかったのは、それぞれのシーンで「じゃ、これで行きましょう」って言った時じゃないかと思います。

ただこのやり方、逆に心苦しいこともあるんです。
「こうすれば面白い」を全員が感じるのであれば問題ありませんが、やはり感じ方に差はあって、複数の意見が出ることや、出てきた意見を良いと感じられなかったり、別の要因で実現できないことも出てきてしまいます。

そういうときに、どうしたか。
「ここは役割分担」と割り切って、ぼくの主観を採用させてもらいました。
複数の意見が出た時は、ぼくが「良い」と思った方。
誰が出してくれたアイデアでも、ぼくが「良い」と思わなければ採用しない。
葛藤もありましたが、最終的な決定はそこを根拠にしました。

まぁ誰がいくら考えても、最後にそれを表現するのは出演者なり物や音や光の作り手なので、本当の最後の決定は、それぞれの担当者が行った、という方が適切かもしれませんね。


JUGEMテーマ:演劇・舞台
| コンセプト | 23:46 | comments(0) | trackbacks(2) |
質問への「回答」
今回は、ご記入いただいたアンケートの「スタッフに聞いてみたいこと」にお答えします。
編集の都合上、文章は一部変えさせていただいています。

・なぜ素人だけ…というコンセプトで企画しようと思ったのですか?全てmixiで募集したのですか?(さがのんさん他)

今まで経験は無いけど、やってみたいっていう人はきっと他にもいると思ったから、でしょうか。
参加のハードルが低くなるし…それに何より、知らないことだらけの中で試行錯誤するのも面白そうじゃないですか!
募集は基本的にインターネットです。
mixiの他にも掲示板や演劇関連サイトを利用しました。


・練習はどこで、どのくらいの時間するのですか?セリフって覚えられるものですか?(もろすけさん、さくらさん、ヤヨイさん他)

練習は6月までは週1回、7月から週2回、午後1時から21時まで行っていました。
セリフを覚え始めたのは6月に入ってからです。
それまでも、何度も脚本を読んではいましたが、やはり気合いを入れないとなかなか覚えられないものですね…。
そのほか、5月には合宿を行ったりしています。


・劇中に出てくる料理は実際に作ってみましたか?味はどうでしたか?(伊藤さん、ともさん他)

劇中に出てくる料理はほとんど全て本物です。
(スミスパに墨汁は入っていません)
アイスレモンコーヒーにはちゃんとレモンが入っています。
味は…うーん…。


・キス直前のシーンをやっちまってほしかった(英一さん)

ともさん演じるユウジと、たにひかるさん演じる銀平が、ユウジとエイコのラブシーンを再現する場面ですね。
このアンケートを読んで、最終公演のみ、二人は本当に「やっちまって」ました…。
たにくんいわく「何か大切なものを失った気がする…」だ、そうです。


・高村さんのお肌の美しさのヒケツは何ですか(マスター新井さん、シス運佐藤さん)

高村役きりんのきりりさんいわく「寝る肌は育つ!」だそうです。

・次回公演はいつですか?(SKIP現品限りさん、兼澤さん他)

今後の予定は一切ありません。
ですが、スタッフの何人かは、これからも舞台に関わり続けたいとのこと。
ぜひ応援してください!

JUGEMテーマ:演劇・舞台


| 体験談 | 17:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
舞台ができるまで〜「ゲネプロ」編〜
8月23日『初回公演「無事」終了!』でもゲネプロの様子に触れました(その時は酷かったことだけお伝えしました…)が、今回はその準備等の様子。
ゲネプロは本番とほぼ同じ想定なので、小道具や衣装も全て本番と一緒。

まずは髪染め。
公演アンケートでも何枚かで「髪は自分の髪ですか?」と聞かれていましたね。
高村役と父役は年齢が40代を超えている設定なので、髪を白く染める粉を使いました。
舞台の道具を売っている専門店で購入したものです。
「粉」と言っても歯磨き粉のような感じ。
歯ブラシを使って髪に馴染ませていきます。
大体、一人の髪に30分かけていました。
「黒いところないよね?」なんてチェックをしながら。
hei、高村役きりんのきりりさんの髪を染める。
髪を染めた後の父役ななしさん、後ろ姿はまるでお爺さん。

小道具の一つ、料理も本物を使用。
今回の公演では、料理がいくつか出てきましたが、どれもホンモノです。
まゆさんとaiさんが腕によりをかけて作ってくれました。
見てください、この桜色グラタンの色!!福神漬の量!
そしてレモンとグラタンの絶妙なコラボレーション!!
腕によりをかけて作ってもらった名(?)料理の数々!
グラタンの色は着色料を使用しているそうです。
墨スパは、ゲネプロ時は写真の通り本物のイカスミだったのですが、食べた後に口が黒くなってしまったため、急きょ「ごはんですよ」を使用していました。
おいしかった。

使用したグラタンは、最後の方でハイビレッジにお客さんがたくさんやってきたことを示すために空き皿にすべく、楽屋にいる人たちが毎回頑張って食べていました。

最後に出てくる特大ケーキだけは作りものです。
このケーキ、大きさが尋常じゃない!
JUGEMテーマ:演劇・舞台


| 体験談 | 00:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
舞台ができるまで〜「受付周り」編〜
今回は受付周りについてです。

まずは何よりトイレ掃除!!
今回heiは誰より何よりトイレ掃除にこだわっていた気がします。
公演日中何回「トイレ掃除しなきゃ」って言っただろう…。
だって、トイレが汚かったりすると、がっかりするじゃないですか。
…blogでまで何回「トイレ」って言ってるんだろう…。

もちろん、トイレ掃除ばかりしていたわけではなく。
受付のテーブルを準備したり、看板を準備したり。
今回は劇場全体をレストランに見立てよう!ということで全てを準備してきました。

二日目以降使用した看板がこちら。
一日目はチラシを使ったものだったのですが、写真が残っていませんでした…。
シャイン前の看板。チラシ2弾と同じ絵柄です。

受付の後ろにも看板。ちょっと気づきにくかったかも?
受付の様子と、受付後にあった看板。

チケットはレシートをイメージしたデザインになっています。
チケット裏表。

観客の前に出る時は、衣装か、上が白いシャツに下が黒いスラックス(またはスカート)とおそろいのエプロン、というのもこだわったポイントです。
スタッフも登場人物も、ハイビレッジの人たちは皆お揃いエプロン!

受付と劇場案内には毎回、株式会社ゼロページの方にご協力いただきました。
ゼロページさんとは、スタッフの何人かの友人でもある帝王さんを通じてのお付き合いです。
ちなみに受付は「キャッシャー」、劇場案内は「フロア案内」、舞台監督は「マネージャー」なんて裏設定も作ってみました。
…どこでも使いませんでしたけど…。
JUGEMテーマ:演劇・舞台


| 体験談 | 00:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
舞台ができるまで〜大道具制作の「裏」で 編〜
少し時間を巻き戻して、大道具・音響・照明以外ではどんなことが起きていたのかを追っていきます。

21日の様子は以前も少しお伝えしましたが、そうそう、当日パンフ折も行っていました。
折る前の公演当日配布パンフレット。折るとレストランメニュー風!皆でパンフレット折中。

劇中のユミ歌収録も行いました。
前の週に収録しようと思っていたのですが、ユミ役ゆりさんの、喉の調子が芳しくなかったため、この日に収録。
「素人だけで演劇をやろう!」で「ジェバンニ」(漫画「Death Note」に登場する、一日で信じられない仕事をするキャラクターの名前)の異名をとるNA0さんが、一日かからず編集していました。
さすが…。

22日朝、照明・音響チェック準備の裏では、受付周りの準備も進めていました。
次回は受け受け回りについてです。
JUGEMテーマ:演劇・舞台


| 体験談 | 00:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
舞台ができるまで〜「きっかけ稽古」編〜
大道具の組み立てが終わったら、照明の出番です。
ハシゴとキャットウォークを使って照明をつりさげます。
ひろせさん、キャットウォークを行く!

「ゼラ」と呼ばれる色付きセロハンのようなものをセットすると、色が出ます。
このセロハン、エイコ役のしづくさんがカッターで切っていたのですが、2度も指を切っていました。
役ではとてもしっかりしているのに…!
出来あがった照明は、こんな感じ。
店A(昼)

照明の準備が出来たら、照明のチェック、音響音量チェック、どこで音や照明を切り替えるかの確認。
「きっかけ稽古」と呼んでいました。
音響のNA0さんはいつもPodcast録音機材やスピーカー、ミキサーなんかを持って練習場所に来ていましたが(これがまた重い!!)、照明のひろせさんが機材を使って練習できるのは、ほぼこの場のみです。
NA0さんの砦、音響卓ひろせさんの砦、照明卓

今回は照明の切り替えが比較的多い舞台だったかと思います。
ちなみに、店A(昼)・店B(夜)・ユミライブ・パーティー・クラッカー・ユウジと銀平のラブシーン・高村サス(高村一人に照明が当たる)・バックサス(最後のシーンで反転する)、が基本で、これに店Aでも舞台の一部を暗くする等の応用が入っていました。
どれがどの照明か、ひろせさんがメモを起こしていました。
照明メモ

チェックの最中、楽屋からハシゴで舞台に登り降りすると、パネルが揺れることが発覚。
心なしかだんだん歪んでいるような気も…。

21日はこれで終了。
最終公演までパネルがもつだろうか…なんて一抹の不安を抱えつつ、劇場を後にします。

22日も朝からチェックの続き。
どうやら一日置いて安定したことと、朝からパネルの補強をしたかいもあり、ゆらゆらしなくなりました。
ひと安心!

チェックの後はゲネプロ(最初から最後まで、本番想定で行う最後の練習。8月23 日『初回公演「無事」終了!』参照)を行いました。

JUGEMテーマ:演劇・舞台


| 体験談 | 00:02 | comments(0) | trackbacks(1) |
舞台が出来るまで〜「大道具」編〜
「素人だけで演劇をやろう!」プレゼンツ『レストラン・ハイビレッジ』、4公演中3公演が満席、延べ206人の方に観に来ていただきました。

現在アンケートの集約中です。
質問もいくつかいただいているので、blogでお答えしていきたいなと思っています。ちなみにアンケート、計160枚を提出いただきました。回収率77パーセント!
最終公演を除けば、80パーセント以上の方がアンケートに記入していって下さいました。
ありがとうございます!!

今回からは、21日の小屋入りから24日終演までの様子を追っていきたいと思います。

まずは集合。
21日・22日と会社を休む人たちが多く、私を含め前日が残業だった人も少なくなかったようです。
一方で公演に合わせて夏休みをとっている人もいましたね。

劇場で朝礼をしてから、裏方組はパネル(レストランの壁になるもの)や、カウンター、レジ台、椅子の組み立て。
その様子を写真で追ってみます。

まずは、何もない状態の舞台。
何もない舞台
そこでパネルを組み立てます。
カナヅチの音が響き、まるで工事現場のようです。
カナヅチ響く舞台
パネルに壁紙を貼ります。
壁紙貼りは、heiの小学校来の親友とその彼氏さんが本職なので来てもらっちゃいました。
パネルの板と板の間にはパテ(コンクリートみたいなもの?)を塗ります。
パテ塗り中

後ろにあるのは作りかけのカウンター。
後ろにあるのが作りかけカウンター

中央に置く平台にも床材を貼ります。
平台に床材を貼ります。

大道具完成!
客席から見た舞台
舞台からみるとこんな感じ

blog上ではあっという間に完成しますが、実際は朝10時から夕方18時位まで、ほぼみっちりかかっています。

出演者陣も、荷物の整理、台詞の通し、買い出し、あとは大道具の組み立てで人が足りなければ手伝ったりと、それなりにバタバタしていました。

大道具の組み立てが終わると、場当たり・きっかけ稽古です。
JUGEMテーマ:演劇・舞台


| 体験談 | 01:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
「ご来店」ありがとうございました!
「素人だけで演劇をやろう!」プレゼンツ『レストラン・ハイビレッジ』、全公演を無事終了することができました。
皆様、ありがとうございました!

最終公演は、細かいところで3回目までと変えてみました。
小物の招き猫の目や仏像に畜光テープを張って、暗転時に光るように仕込んでみたり、花束を生花にしてみたり。

そんな中スタッフ内でも衝撃だったのが、男性同士のLoveシーン。
3回目まではキスする直前に止めが入るのですが、前日までのアンケートで「やっちゃえば良いのに」という記載があったのを受けて、演じる二人が実際に…。
…最終回のアンケートは、このシーンについて触れられているものばかりでした…。

ハプニングは多かったものの、4公演全てを怪我もなく無事に終了することができました。
4公演中3公演が満席になり、本当に多くの方に観に来ていただきました。
ありがとうございました!

「素人だけで演劇をやろう!」、一つの結末を迎えましたが、もう少しだけ、続きます。
JUGEMテーマ:演劇・舞台


| 体験談 | 00:12 | comments(32) | trackbacks(0) |
2回目公演の「ハプニング」
2日目の昼公演。
実は初公演を迎える前から、この回は一番不安といっても良い回ではあったんです。
初回公演は、ゲネプロで直前に通して練習ができるのですが、2回目公演はぶっつけ本番状態。
夜に寝ている分、セリフ忘れがあったりすると思っていたんです。

…そして…ハプニング続出…。

開演前から衣装紛失があったり(次の公演までの間に、受付スタッフに走ってもらいました)、大幅に台詞を忘れて、2分ほど固まってしまうシーンがあったり…。
い…いえ、もちろん、そういう脚本だったんですよ?
昨日の晩から書き換えて。
感極まって言葉に詰まった、みたいな筋にしたんですけどね?

楽屋で舞台の様子を見ながらハラハラし、照明・音響ブースからは「どうにもならないようならヘルプに誰か行って!」と連絡があっても「ど…どうやって!!」と頭を悩ませ…。
結局、何とか乗り切ることは出来たのですが…この公演を観に来て下さった方々には、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
そして、この公演が我々の限界だと思われることが、残念でなりません。

しかし、終了後のアンケートで、観客の皆さんの多くが、印象に残ったシーンに台詞が飛んだ場面を挙げ、一緒にハラハラして乗り越えた時に嬉しかった、と言ってくださったのは、とても励まされました。

夜公演は、概ね筋通りのものを演じることができました。
一部、失敗や小道具が足りなかったりもしたのですが…大幅な変更はありませんでした。

24日(日)はとうとう最終公演。チケットも完売です!
また、昼公演ではありますが、テンションを高めにしていきたいと思います!
| 体験談 | 01:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
初回公演「無事」終了!
初公演、無事終了しました!
結局初回も売り切れになり、満員御礼!
本当にありがとうございます。

22日金曜日は、照明チェックと音響チェック、暗転時の練習などをした後、ゲネプロを行いました。
ゲネプロは、最初から最後まで、本番想定で行う最後の練習です。

このゲネプロの出来が、本当に酷かった…。
台詞はあっちこっち間違えるし、暗転時に出てはいけないシーンで出てしまったり、グラスを倒してしまったり…。

しかし、皆本番に強い!
初回公演はほとんど間違いもなく、反省点はたくさんあれど、無事に終了しました。
アンケートも多くの方にご記入いただき、叱咤激励、温かいお言葉を頂戴しました。
演技中に客席から笑い声が聞こえるのは、本当にうれしいものですね!

あと3公演。
23日(土)19時〜はあと数枚ご用意があります!
スタッフ一同、「レストラン・ハイビレッジ」にて、お待ちしています!
JUGEMテーマ:演劇・舞台


| 体験談 | 00:23 | comments(0) | trackbacks(0) |