CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
公演、終了しました!
「レストラン・ハイビレッジ」
2008年8月
 22日(金) 19:30 〜
 23日(土) 14:00 〜
 23日(土) 19:00 〜
 24日(日) 14:00 〜
阿佐ヶ谷 シアターシャイン

公演特設サイトはこちら
無事、全公演を終了しました。
ご来場ありがとうございました!

広告
検索

NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS
 
演劇経験が全く無い人だけが舞台に立ち、2008年8月に公演を行いました!
→ [公式サイト] / [Podcast] /  [掲示板]
<< 舞台ができるまで〜「最終公演での相違点」編 | main | 「アドリブ」禁止! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
はじまりも終わりも「客席」から
9月8日の日記でも触れられている通り、演出に関して私も色々意見を言いました。
取り入れられたり却下されたり。
その中でも私がこだわっていたのが、芝居の最初を客席から始めることと、最後を客席で終わること。

芝居の最初を客席から始める、というアイディアの「元」は、ななしさんが考えたものです。
まぁ、よくある演出と言えばそうなんですが。
脚本を決める時には既に「この脚本でやりたいことがある」と言っていました。
それが「客席で携帯電話を鳴らしてお芝居を始めること」。

公演前のお願い事で「携帯電話など音の出る機器の電源はお切りください」って言うじゃないですか。
この「お願い事」は今回の公演でも言ったんですけどね。
その直後、携帯電話が鳴ったら、皆びっくりするかな、って。
しかもそれが芝居につながってたら面白いかな、って。
そんなアイディアをもっていたんですね。

レストラン・ハイビレッジのオーナー高村が、鳴っている携帯電話を手に、暗い客席を舞台に向かって移動し、舞台に立ったところでライトが当たる。

で、それを受けて私がやってみたかったことが、客席から始まるなら客席に終わる、というかたち。
普通、お芝居が終わって、礼をした後、舞台の上の人たちはすそに向かっていなくなりますよね。
それを、舞台から客席に降りて終わる。
そうすることで、今まで客席側にいた私たちが舞台に上がり、公演の間舞台に立ってはいたけどまた客席に…という図式を作りたかったんです。
さらにその意図を伝えるために、ひろせさんのアイディアで、「本日は、ありがとうございました!」という挨拶の後は、舞台と客席を同じ明るさの照明にしたりもしました。

客席にいる人たちと何ら変わりない私たちが舞台に立つ。
観客の人たちも、いつでも舞台に立てるし、舞台に立つ側も普段は観客側。
そんな、この企画ならではの図式、伝われば嬉しいな…なんて思っていましたが、感じ取って感想で伝えてくれた方もいました。
実際伝わると、嬉しいですよね、こういうの!
JUGEMテーマ:演劇・舞台


| 体験談 | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:33 | - | - |









http://present-play.jugem.jp/trackback/232