CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
公演、終了しました!
「レストラン・ハイビレッジ」
2008年8月
 22日(金) 19:30 〜
 23日(土) 14:00 〜
 23日(土) 19:00 〜
 24日(日) 14:00 〜
阿佐ヶ谷 シアターシャイン

公演特設サイトはこちら
無事、全公演を終了しました。
ご来場ありがとうございました!

広告
検索

NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS
 
演劇経験が全く無い人だけが舞台に立ち、2008年8月に公演を行いました!
→ [公式サイト] / [Podcast] /  [掲示板]
<< 脚本は「オリジナル」! | main | 観劇! 「桜襲〜さくらがさね〜」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
決めたのは「覚悟」
費用や脚本について、皆さんからアドバイスを頂きながら、考えたことがあります。
「何をもって成功とするのか」。

今回の企画では、営利目的で演劇を行うわけではないので、利益をあげるつもりはありません。
そのため、特にスタッフについては金銭的・時間的・精神的余裕がある人の参加をお願いしています。利益どころか、スタッフ全員で積み立て等の資金繰りを行い、赤字覚悟でつくっていくことになると思うからです。

あまりに大きな負担をかけるつもりはありませんし、私自身、無謀な金額を出すことはできません。毎月、大体飲み会1回分程度の負担になるだろうと考えています。
負担については全員で平等に負担したいと思っています。

一方で、営利目的ではないとはいえ、入場を無料にすることもあまり考えていません。
これは、集客のために入場を無料にするということは今のところ考えていないということです。
たとえ入場無料にしなかったことで一人も観客が入らなかったとしても、結果的には公演までに費やした費用以上に負担が大きくなることはありません。

プロでも無いのにお金を取るなんておこがましい、という考えもあると思います。
しかし、観客もメンバーであるという考え方を以前お話しました。
勝手な考えかもしれませんが、ここでもできれば「全員で一緒につくっている」ことを感じて欲しいとも思います。
また、無料だから観に来るお客さんと、チケットを購入してでも観に来てくれるお客さんは、どちらもありがたいですがやはり違うと思うのです。

収益も集客数も私たちが目指すところではありません。目指すところは、「演劇をつくることを楽しむ」こと。少人数でも良いのです。関わってくれた人が楽しんでくれたら、できれば何かしらの達成感を感じられたら、大成功だと思います。
もちろん、大人数が集まれば、きっともっと楽しいと思うけど!

そのために今私とななしさんがしているのは、人を集めて場をつくること。私たちも一参加者に過ぎません。自分を含め一人でも「やってみたい」という人がいる限り、進み続けること。

無理な負担はせず、しかし手を掛けられるところは大いに手を掛けて、できるだけプロがつくるものを目指して、皆が驚くくらい楽しめる努力をしようと思っています。
欲張りに行こうよ!
| コンセプト | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:22 | - | - |









http://present-play.jugem.jp/trackback/10