CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
公演、終了しました!
「レストラン・ハイビレッジ」
2008年8月
 22日(金) 19:30 〜
 23日(土) 14:00 〜
 23日(土) 19:00 〜
 24日(日) 14:00 〜
阿佐ヶ谷 シアターシャイン

公演特設サイトはこちら
無事、全公演を終了しました。
ご来場ありがとうございました!

広告
検索

NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS
 
演劇経験が全く無い人だけが舞台に立ち、2008年8月に公演を行いました!
→ [公式サイト] / [Podcast] /  [掲示板]
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「劇場」で練習してきた
皆さま、blogではお久しぶりです!
う…うわ…私、blogへの登場4か月ぶりですか…。
公演まで1週間を切り、様々な準備に追われる毎日です。

先日はシアターシャインで練習を行ってきました。
劇場のウェブサイトをご覧になった方はおわかりかもしれませんが、シャインは少し変わった作りをしています。
楽屋が1階、劇場が2階にあり、ハシゴで上り下りをするんです。
今回のお芝居、グラスや皿などの小道具出し入れが結構あります。
ハシゴを使いつつ出し入れするのは、想定していたこととはいえ、やはりヒヤヒヤします。

道具の出し入れの他に、暗転時の暗さ確認もしました。
暗転時、物を出し入れしたり人が出入りしなくてはならない場面があります。
暗転って、想像以上に真っ暗なんですよ。
自分の手を目の前にかざしても見えないくらい。
そんな中でどうやって移動するかというと…

「畜光テープぅ」

…という便利道具があるのです。
暗いところで白く光るテープ。
実際真っ暗な中で貼ってみると心強いこと!
公演時は暗転の時も注目してみて下さいね!

チケットですが、現時点で土曜日昼と日曜公演が後3枚、金曜日も人気高めです。
土曜日の夜が一番余裕があります。
「行くよ!」という方はお早めにお申し込みください!

+*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。 *:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。 +*:;;;:*:;;;:*゚。+☆+。
☆★☆素人だけで演劇をやろう! プレゼンツ ☆★☆

☆「レストラン・ハイビレッジ」公演特設サイト☆
 http://highvillage.nbsp.jp/

▼あらすじ
「ぼくの夢はこのレストランでお客様を幸せにすることなんだ!」
人の好いオーナーの下に集まったのは、萌え系メイドになりきりホスト、リストラされた料理人。
そんなレストラン・ハイビレッジに、ひと組の男女が駆け込んできた。

▼場所
 阿佐ヶ谷 シアターシャイン

▼公演
 2008年08月22日(金) 19:30 Start
 2008年08月23日(土) 14:00 Start
 2008年08月23日(土) 19:00 Start
 2008年08月24日(日) 14:00 Start
 ※開場は開演の1時間前を予定しています。

▼チケット
 前払(事前清算) 1,500円
 予約(当日精算) 2,000円
 当日(当日精算) 2,500円
 ※予約券と当日券には、各種割引をご用意しています。
  各チケット説明と割引についての情報はこちら
  →http://present-play.jugem.jp/?eid=210

☆チケット申し込みフォーム☆
 http://highvillage.nbsp.jp/ticket/
JUGEMテーマ:演劇・舞台


| 練習 | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
GW合宿最終日
こんにちわ
今日は5月5日。
GW合宿も最終日です。
昨日も健全に就寝したので予定通りの時間に練習を開始。
最終日は帰りの時間を考慮して午前中だけ練習です。
昨日、一昨日と固めてきた動きと立ち位置を確認しながら
はじめての全編とおしての半立ち稽古(っていうのかな)
僕は昨日までのメモをみながら
ときどき役者さんがまだおぼえきれてない動きや立ち位置を指示
それに新たに気がついたことをメモしていた。
気になった場面をもう一度確認してミーティングしてちょうどお昼の時間
今回の合宿での練習もこれで終了となりました。
なかなか内容の濃い充実した練習ができたし
メンバー間の親睦もますます深まった楽しい合宿になりました。
この3日間のブログを勝手に担当したヒューイがおつたえしました。
それではまた次回(と、PODCAST風にしめてみる)
JUGEMテーマ:演劇・舞台


| 練習 | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
GW合宿二日目
こんにちわ
ヒューイです
5月4日に書いています。
GW合宿も2日目に突入です。
今日は朝から晩までみっちり練習できるので今回の合宿の山場となっております
昨日すっごく健全に就寝したので予定通り始動
一日時間がとれたおかげでひと通り動きを確認できました。
僕はなにをやっていたのかというと動きと立ち位置を確認しながら記録を残す係
2台のPCとデジカメを屈指してめまぐるしく作業がんばりました
夜は今日もPODCASTを収録
いままでにないパターンでの収録になったので仕上がりが楽しみです。
さぁ、合宿もあと1日
今日も健全に就寝して明日にそなえるぞ
JUGEMテーマ:演劇・舞台


| 練習 | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
GW合宿初日
こんにちわ
ヒューイです
これを書いている今現在5月3日です。
GW合宿です!
長野県の霧ヶ峰で総勢11人でやってきました。
5月3日〜5日の二泊三日でみっちり演劇の練習&ミーティングです。
初日の今日は昼過ぎに到着して練習開始。
いい感じの練習用の部屋をお借りできたので3日間充実した練習ができそうです
とりあえず初日なので裏方の僕は練習場に舞台を作って準備
その間役者さんたちは声出し練習と台本読みをしていた。
それから動きと台詞を頭から順にひとつひとつ確認していく。
晩御飯の時間までみっちり練習、晩御飯後さらに2時間練習
いいねいいね、時間が有効につかえるのが合宿の魅力だ
練習後はPODCASTの収録
僕も出演してななしくんにいじめられてきました。
このブログとどっちが先に公開されるのかよくしらないけどぜひ聴いてみてください
ひとっぷろあびたらお待ちかね夜のミーティングタイム(笑)
健全に、あくまで健全に初日の夜が更けていく・・・
JUGEMテーマ:演劇・舞台


| 練習 | 21:58 | comments(2) | trackbacks(0) |
小物を買いに
4月の定例ミーティング(第一土曜日)後、合羽橋に小物を買いに行きました。
ミーティング場所から合羽橋はとても近いのですが、いやあ、面白い場所ですね!

合羽橋は、東京では有名な問屋街です。
色々な道具が売っています。調理道具、食器、ショーケースのサンプル…。
こういう小物を見るの、私はとても好きです。
日常では使わないし、なかなか来る機会も無かったけど、見てみると面白い!
掘り出し物もありそうです。

特に練習で使うものは100円均一で買っても良いかも?なんて話もしながら端から端まで歩いて、結局購入したのは一点だけ。
でも、公演が近付けば、また買うものがあるかもしれません。

物を購入すると、またなんだかやる気がでますよね!

JUGEMテーマ:演劇・舞台


| 練習 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(4) |
最近の練習風景
最近、脚本を読むだけでは無く、言葉に合わせて動くようになってきました。
これがなかなか難しい!

こっちに動くと人がこっちに寄っちゃうし、あっちに動くには目立っちゃうし…。
このキャラクターは喋らない間は何をしてるんだろう?
動きながら話すってこんなに難しかったっけ…?

喋りながら動いてみると、また新しいことに気付いたりもします。

ここでこのキャラクターがこう話すのはおかしいよね。
ここから登場した方が良いんじゃない?

自由に動いているのに皆が突然動きを揃えたりして、面白い風景になることも。
本番ではどんなシーンになることやら?
練習の時、毎回一度は思いっきり笑っている気がします…!
JUGEMテーマ:演劇・舞台


| 練習 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(1) |
『嘘つきはつまらんのよ』
こちらのblogではお久しぶりです。
「素人だけで演劇をやろう!」
風紀委員の文月しのぶです。

まぁ、ちょっとうるさい話を書くので、
冷たいものでも飲みながら読んで見てください。

さて、テーブルにジュースが置いてあるとします。
パントマイムで、飲むフリをしてみて下さい。


   ……あなたのマイムに、嘘はないですか?


テーブルに置いたジュースを飲む時、
普通ならば以下のような動作が発生します。

  (1)グラスを握る
  (2)口元まで運ぶ
  (3)下唇につける
  (4)頭を後ろに傾ける

俗に「素人」と呼ばれる方がマイムをされる際は
(3)がスッポリ抜ける傾向にあるようです(経験則)
逆に言えば(3)の動作に気付くことが
演技の追求なのでは、と思います。

ちなみに(4)のあとは以下の通り。

  (5)頭をもどす
  (6)グラスを口から放す
  (7)テーブルに運ぶ
  (8)手を放す

そそっかしい方は(5)の途中に(6)をやって
ジュースが溢れることがあります。ご注意下さい。

以上にて宜しくお願い致します。


JUGEMテーマ:演劇・舞台
| 練習 | 00:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
分からないときは「動かして」みよう。
3月1日のミーティングでは、舞台のイメージ図について話し合いました。
劇場の見取り図を見ながら、あーでもない、こーでもない。何人かのアイデアを取り入れながら、見取り図に線を入れていきます。

ここがこうでしょ? ここがこうなるでしょ? 何人舞台に乗れる?
ここの幅、これしかなかったら狭くない?
こっちの空間、広すぎない?
これ、こういう配置で置けるかなあ?
うーん…、良く分からない…。

………よし、実際に置いてみよう!

当日のミーティングに使った部屋は、ちょっと広めの和室。一畳が90cm×180cmの(実際はそれより少し小さい)はずだから…おぉ、実際の舞台のサイズが、部屋の中に取れるじゃないですか!
じゃあこのテーブルが壁で、ここが舞台のへりで…
ここが舞台のへりで…

えーっと…
えーっと…

うーんっと…
うーんっと…

おぉ! こんな感じか!
こんな感じか!


実際に舞台を作るときには、もっと細かく厚さや長さを出さなくちゃいけないと思いますが、大まかなサイズと物の割り振りはイメージすることができました。
慣れてる人ならもっと簡単に分かるんでしょうけど、やっぱりぼくなんかじゃ、見取り図や方眼紙だけじゃサイズの想像が追いつきませんからね。動いてみるのが一番です。
この日のミーティングを和室にしておいて良かったなあ。

そんなわけで、上の写真みたいな感じの舞台になる予定ですよ!…って、どう見ても畳の上に机が立ててあるだけにしか見えないか…。
どう見ても…

JUGEMテーマ:演劇・舞台
| 練習 | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
松桐ぶーときゃんぷ 5th
やあ、みんな。
毎日、海に向かって「あーーーーー」と叫んでいるかい?

大分、寒くなってきたから、間違っても
海にダイブなんかしないでくれよな。

おっと、ここは笑うところだよ、スティーブ。






さて、ちょっと場がしらけてしまったようだから
ホットになるような練習をしよう。

前回のおさらいだけど
みんな、色んな大きさで「あ」をいえるようになったかな?

そしたら、今度は「あ」だけを使って
喜怒哀楽を表現してみよう。

ポイントは「あ」のどこに魂をこめるかじゃなくって
アクセントやイントネーションの変化をつけるかだよ。

例えば、悲しいのであれば

「あぁ」って感じで
少しずつ声が小さくなるよね。

逆に、嬉しいと声が大きくなるよね。


まあ、この辺は言葉で書いても伝わらないから実際に
色々やってみよう。

一口に喜怒哀楽といっても
ちょっと悲しい。
すごく悲しいでは
表現が変わってくるよね。

自分なりの喜怒哀楽のベースを作り
そこから色々なシュチュレーションを足していってみよう。

どうだ、なかなか難しいだろう。
でも、こうやって言葉を制限すると
不思議なもので他の部分でそれを補うように
体が勝手に動いてくるだろう。

この感覚を大事にして欲しい。
実際の脚本なんかでは
「嬉しい」と言うせりふを
悲しくしゃべるなんて事はよくある話でだからね。
言葉に惑わされずに状況を表現できるようになることが大事だ。

よっしゃ、上手い下手は置いておいて
自分なりに喜怒哀楽が表現できるようになったら
今度は実際の脚本のワンシーンでもいい
「あ」だけで演じてみよう。

これが本当の「あ」だけで演劇をやろう。だね。

なにも、難しいことは考えず、本に書いてあることを
素直な気持ちで出すことが大事だ。


そろそろ、時間のようだ。
ここまで、来るとあとは実際に
演劇を作っていくことになるだろう。

しかし、どんなときにも大事なのは
それを演じる人の身体だから
日々の鍛錬は忘れないでくれ。

そして、何か壁にぶつかったら
いつでも、このきゃんぷに戻ってきて欲しい。


それじゃ、また。


JUGEMテーマ:演劇・舞台
| 練習 | 00:00 | comments(2) | trackbacks(0) |
松桐ぶーときゃんぷ 4th
やあ、みんな元気かい。
きっと、ここまで来たら鞭のような
しなやかな体が出来あがっていることだろう。

演劇にとって体は基本。

どんないい車でも
エンジン、シャーシが駄目ならば
性能を出し切れないからね。

と言うことで
今日は少し、実践的なことをやってみよう。


なあに、そんなに構えなくてもいい
今日使う言葉は「あ」だけだからね。

そう、題して
「あ」だけで演劇をやろう!

おっと、どこかの企画みたいなタイトルに
なってしまったが気にしないでいこう。


多分、殆どの人が一番出しやすい言葉は「あ」なんだよ。
と言うことは、これをうまく使いこなすことが出来れば
色々な面で応用が利くということになるね。

まずは一番出しやすい大きさ、高さで
「あーーーーー」と出来るだけ長く続けてみよう。
最初は10秒も出せないかもしれないが
頑張って20秒近く出せるようになって欲しい。

これも演劇をする為の
体作りの一つだからね。

車はガソリンがうまく潤滑しないとエンジンが動かない
人も空気がうまく回らないと声が出ないからね。

次に、今よりも大きな「あ」を出してみよう。
大きな声だすポイントは
腹の底から頭のてっぺんにめがけて声をぶつけると言う感じかな。
このとき、喉に負担が掛かっている風に感じたら、
ちゃんと複式呼吸が出来ていないから無理をしないで
出来る範囲で大きな声を出してくれ。


どうだ、うまく出来たかな?
うまく出来なくてもあきらめるな!
最初からできる人はいない。
練習あるのみだ。
家でやるときはお風呂とかでやるといいぞ。
いつもよりいい響きになるから自信もつくからね。

近くに河川敷とか海があるのなら、そこにいって
大海原目指して、声を出すのもいいぞ。
自然に向かって、大きな声を出すことはストレス発散にもなるからね。


今度は、小さな声だ。
これが難しい、舞台ではたとえ小さな声でも
しゃべっている事は観客に伝えないといけないからね。

コツとしてはうまく体と喉を使って
小さくても響く声でしゃべること
こうすると、遠くまで音波として伝わりやすくなる。

この練習は出来たら、二人でやるといいね。
相手が聞こえるか確かめながら、少しづつ離れていく。
こうして徐々に距離を伸ばしていけばいい。

おっと、ついついしゃべりすぎてしまったら
時間がなくなったよ。
まだ、話していないことがあるんだけど
それは、次の機会にしよう。

それじゃ、また。

JUGEMテーマ:演劇・舞台
| 練習 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |